ロボットが行う植毛とは

様々な場所でロボットによる自動化が進んでいますが、自毛植毛でもロボットを採用しているクリニックが登場しています。従来までの自毛植毛は、ドナーの採取から植え付けまで医師が全て手作業で行っていました。


これに対して、ロボットを使った植毛はドナー採取を自動で行ってくれます。



植え付け作業は医師によって1本1本手作業で行われますが、ドナー採取が素早くできるようになることで、毛根が傷みにくくなって定着率が上がるというメリットがあります。
過去には採取から植え付けまで全自動で行うロボットもありましたが、植え付けの失敗が多く、定着率が低いことが問題になり、今ではほとんど使われなくなっています。

ロボットによる採取は、メスを使わずに行うことができます。



ロボットが採取するので執刀医の腕に採取の成否が左右されず、同質のドナーを取ることが可能です。

医師が手作業で行う切らない手術方法(FUE法)もありますが、こちらは術者の腕によって成否が分かれやすいです。

パンチ式の器具を使うため、メスよりも根元の細胞を傷つけてしまいやすく、無駄にしてしまうドナーの数が多くなりがちだからです。

ロボットで採取するのは大きなメリットがありますが、ロボット自体が高額で手術費用が高くなることや、ドナー採取の前に髪を大きくカットしなければならないということがデメリットでもあります。


最新の方法で手術を受けたいという人ならば、ロボット植毛を採用しているクリニックに相談してみると良いでしょう。